プロフィール

スピーカー

Author:スピーカー
ちょっと役立つ情報~愚痴ネタまで つぶやいています。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:未分類
今朝の新聞に
大阪府は私立高校の授業料も無償化へ
という記事が載っていた。

府立高校の授業料の無償化は昨年から始まっている
それに加えて私立高校も無償化するようだ。

確かに、“教育の機会均等”から考えると
家庭の事情等で教育が受けられない事態は
避けなければならない。

勉強したくても家庭の事情で
進学を断念せざるを
得ない事態は解消して
しかるべき処置だと思う。

しかし・・・

昨年の公立高校無償化のときに気になる話を聞いた。

「別にどっちでもいいけど“タダ”なら行くか」とか
「どうせタダなんだから行っときなさい」
注(実際は全てが“タダ”になるわけではなく
  授業料だけが無償化されるのだが)

上記のような考えが本当に存在するとしたら
せっかくの制度も無意味なものになってしまう

趣旨の本来の意味は
“勉強がしたい、教育を受けたい”という
向上心があるにもかかわらず
親の収入が低く、授業料負担が家計に重く
のしかかってくるため
“断念せざるを得ない”
子供たちが居る。
そんな子供たちに“公”として
出来るだけ教育を受ける機会を
与える事が義務である という事であろう

何でも“タダ”なら乗っかる

そういう風潮こそ憂うべきものであろうが
実際にそういう存在を
排除する事は不可能である
本来意図する事と違う使われ方も
十分考慮するべきではないか

また、無償化するのは全ての私立高校ではないらしい
(一部の高校もしくはいくつかの高校らしいが)
(これもまたおかしな話ではあるが・・・)

“教育を受ける権利”は
あくまでもそれを望んでいる“本人”に
与えられるべきである。

周りが
“与えなければならない義務”ではないはずである。

本当にその権利の履行を望むものに対して
“可能な限りサポートする”事が大切である。

ならば“一律無償化”などは
ある意味趣旨に合わないのではないか

むしろ現在ある“奨学金”の活用するべきではないか

教育を望むものに対してその期間中の授業料等に相当する額を
全額貸し付けてその成果により得た果実により
返済させるのが一番の方法ではないか。

現在、(大学等への進学の際は)
その借り受ける時点の成績によって
“利息”が変わる。(付利されるか否か)

それを廃止し“無利息”にするべきだ。

将来“返却すること”を条件にでも
教育を受けたい と欲する者に対して
“機会を与える”事こそが
大切だと考えるのだが・・・
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © ”気ままな コラム” all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。