プロフィール

スピーカー

Author:スピーカー
ちょっと役立つ情報~愚痴ネタまで つぶやいています。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
本日病院に行ってきた。

先月末から一週間入院していた。

3年前に直腸がんを罹患し手術
その際“ガン”が膀胱の一部にまで浸潤しており
あわや“人工膀胱”というところだった。

幸いそうならず“人工肛門造設”
いわゆる“コロストミー”のみで済み
暫くその状態で様子を見ていた。

局所再発の可能性も大分低い状態との判断で
人工肛門閉鎖術 のため
昨年9月に入院、手術。
その際
術後の癒着 により
小腸の2/3を切除しなければならなかった。

大腸の“人工肛門”は閉鎖できたのだが
変わりに小腸の人工肛門いわゆる
“イレオストミー” になってしまった。

その際大腸を繋ぎあわせた部分に
狭窄がありこのままでは
人工肛門を閉鎖しても
便の排泄が出来ないとの事で
狭窄部拡張術 を受ける為に入院した。

外来でも可能らしいが
麻酔をするので一応入院ということになるらしい。

その後の経過を診てもらう為病院に行ったのだ。

肛門に指を突っ込まれ(これが強烈に痛い)
結局
“また少し狭くなってきている”との判断で
再度拡張術うを受ける為
今月末から入院することになった。

その後、本チャンの
人工肛門閉鎖術 について
計画を練る事になる。


スポンサーサイト
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
“守秘義務”違反はもちろん犯罪である。

そのことに付いては素直に
“法の裁き”を受けなければならない。

と、同時に
機密情報の管理の甘さ、いい加減さ
も裁かれなければならないはずだ。

過失 では済まされない。


それにしても今回のビデオ公開について
中国側の反応が“薄い”のが気になる。

観念したか・・・

それとも・・・

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
ここのところ政治ネタが多いが今回も。

尖閣ビデオの流出者を“海上保安庁の人間”として
海保が刑事告訴する事を決めたらしい。

今さら“犯人探し”か・・・

確かに“公務員”には特別なぐらいの“守秘義務”が
求められて当然であるとは思う。

が・・・

元々、ビデオの内容について
何故あんなに“公開”をためらったのかも不明である。

国民全体がその真実を
“証拠”として見たいと思っていたに違いない。

現政権が いい加減なもの として
国民意識の中にあることは紛れもない事実だと
考える。
しかるに、この件に関しては本当 であると
確信する為にもその存在を確認したいと思うのは
至極自然であろう。

それを公開しなかった“理由”が
また、“これほどの行為をした犯人”を
釈放した理由が
“国益”であったのならば
方法論は別として
その“国益を守る意識と信念”を
貫いた行為ではないか?

裁判で
“国益を守るために自分の信念に基づき
 公開に踏み切った”
と証言すれば判決は一体・・・

これこそ是非
裁判員制度 で
裁いてもらいたいものだ。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
今から3年前に大病を患って
それまでの仕事(今でも一応・・・)
がままならない様になってしまって

何か違う事をと考えていて
今年
“宅建取引主任”の国家試験を受けた。
完全、独学です。

当初通信教育を受けようかとも考えたのだが
費用が5万~10万ぐらい掛かるとの事。

特に不動屋に勤めるとか
自営するとかを考えているわけではないので
「初めてだし、取り合えずテキストを買って
 自力で何とかしてみるか」と思い独学で。

先日試験を受けた。

結果は12月の1日に発表される。

しかし、国家試験とは何故も問題がわかりにくいのか?

自動車運転免許しかり
意図的に引掛けるように作ってある。

まぁそれだけ“熟習”を要求されるのはわかるのだが・・・

自身、電気工事士、消防設備士 と持っているが
それらの試験はそんなに
“ひねくれて”はいなかったように記憶している。

いずれにしても終わった事。

ダメだったら来年も受験するつもりである。

また、来年も“意地でも独学”で
頑張るつもりである。

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
今朝の新聞に
大阪府は私立高校の授業料も無償化へ
という記事が載っていた。

府立高校の授業料の無償化は昨年から始まっている
それに加えて私立高校も無償化するようだ。

確かに、“教育の機会均等”から考えると
家庭の事情等で教育が受けられない事態は
避けなければならない。

勉強したくても家庭の事情で
進学を断念せざるを
得ない事態は解消して
しかるべき処置だと思う。

しかし・・・

昨年の公立高校無償化のときに気になる話を聞いた。

「別にどっちでもいいけど“タダ”なら行くか」とか
「どうせタダなんだから行っときなさい」
注(実際は全てが“タダ”になるわけではなく
  授業料だけが無償化されるのだが)

上記のような考えが本当に存在するとしたら
せっかくの制度も無意味なものになってしまう

趣旨の本来の意味は
“勉強がしたい、教育を受けたい”という
向上心があるにもかかわらず
親の収入が低く、授業料負担が家計に重く
のしかかってくるため
“断念せざるを得ない”
子供たちが居る。
そんな子供たちに“公”として
出来るだけ教育を受ける機会を
与える事が義務である という事であろう

何でも“タダ”なら乗っかる

そういう風潮こそ憂うべきものであろうが
実際にそういう存在を
排除する事は不可能である
本来意図する事と違う使われ方も
十分考慮するべきではないか

また、無償化するのは全ての私立高校ではないらしい
(一部の高校もしくはいくつかの高校らしいが)
(これもまたおかしな話ではあるが・・・)

“教育を受ける権利”は
あくまでもそれを望んでいる“本人”に
与えられるべきである。

周りが
“与えなければならない義務”ではないはずである。

本当にその権利の履行を望むものに対して
“可能な限りサポートする”事が大切である。

ならば“一律無償化”などは
ある意味趣旨に合わないのではないか

むしろ現在ある“奨学金”の活用するべきではないか

教育を望むものに対してその期間中の授業料等に相当する額を
全額貸し付けてその成果により得た果実により
返済させるのが一番の方法ではないか。

現在、(大学等への進学の際は)
その借り受ける時点の成績によって
“利息”が変わる。(付利されるか否か)

それを廃止し“無利息”にするべきだ。

将来“返却すること”を条件にでも
教育を受けたい と欲する者に対して
“機会を与える”事こそが
大切だと考えるのだが・・・
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
アメリカでも日本でもどうして“民主党”はだめなのか?

ただの偶然ではあるがつい
“名前のせいか”と思ってしまう。

アメリカはともかく

日本の民主党の“酷さ”には 開いた口がふさがらない  と
ほとんどの国民がそう感じているだろう。

“減税”を公約しながらの“実質増税”
“仕分け”と称したパフォーマンス。
“目先の利益にとらわれた策無き外交”
“あってはならない責任逃れ”

拾い出したらきりがないなぁ・・・

お願いです
“うそ”と“ごまかし”をするなら
かつて総理大臣だった小泉さんみたいに
国民がだまされていることに気が付かないような
テクニックを身に付けてからにしてください。

今日の新聞の読者投稿欄に書かれていた
最後の文節に
「民主党は根っこが腐っているとしか思えない」とありました。
反論です。
“腐っている”のではなく“もともと無かった”のではないでしょうか?

そしてこうも書かれていました。
「こんな政党に期待した自分が恥ずかしい」

おっしゃるとおりです。
私も、たとえひと時でも“もしかして”と期待した
自分の愚かさと本質を見抜く力の無さを痛感し
身震いがする程、恥ずかしく思います。


| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
もういいでしょ!

これ以上貴方は何をしたいのですか?

最近時々テレビでお顔を拝見しますが
めっきり顔色もよく、お肌もつやつやしてますね。

混乱、いざこざ、争い毎、

渦中にいるときの貴方はやはり“絶好調”なのでしょうか?

それでももうお年なのだから
たまには“下の者”に“いい格好”を
させてあげましょうよ!?。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
無骨で頑固な印象からは思いも依らない気の弱さ。

貴方だけは違うと思っていたが・・・

やはり貴方も
“怖いものは怖い” か。

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
この人がとりあえずは一番“政治家”らしいのかな?

都合が悪くなれば“恫喝”。
負けを認めない。
聞いてるうちに「その通り」と思わせる“詭弁”
笑ってるけど笑ってない瞳。

弁護士だったからかな?

“正義の味方”を気取り
“貴方(国民)の為に働き(お役に立ちたい)たい”
“きっと力になりますよ”
と豪語し、それでいながら
“報酬(利権)”はしっかり頂く。

黒いものでも灰色に平気で変えてゆける神経。

やはりこの中では一番の“政治家向”なのかもしれない。

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
昔の“イラ管”はどこに行ったのか?

そう呼ばれたころは少なくとも今よりもっと
“頼り甲斐”があったような・・・
“責任感の強い人”の印象があったような・・・

出来ないこと、出来そうなこともないことを公言して公約してはばからない今

別人か?   と思うのは私だけだろうか?

市民運動の切込み特攻隊長が
今は面影すらどこへやら。

ただ、ひとつお願いがある
記者によるぶら下がりの際に
ニヤニヤするのだけはやめて欲しいと・・・
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
鳩山さん
辞めるといったり、辞めるの止めたと言ったり

この人はきっと“正直者”なんだろうなぁ・・・

おそらく“言っている時”はその時、その時で
“本気”なんだと思う。
ただ、“言ったことに責任が取れない人”なんだろう。

少し親近感を覚えて、なぜなんだろう?と考えてみた

そうか、うちの小学生の子供と同じだと気が付いた。

大人としてはかなりの問題だが、小学生程度の“見識”しかないのであれば
それはそれでしょうがないか。!?

ただ、国民としては迷惑千万だが。

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
ここのところの“政治”はどうなっとるのか?

国会議員って何者だ!

昨日民主党の小沢氏がニコニコ動画で自身のことについて
話していたのを見たが

わかった様なわからないような理屈!?

確かに現在“司法による判断”を仰ごうとしている最中
国会でべらべら喋るわけにはいかないというのも
わからないではないが・・・

元総理の鳩山氏、現総理の管氏、元代表の岡田氏
影の総理の仙石氏

わかりやすいと言えばわかりやすいのだが・・・・
| BLOG TOP |

copyright © ”気ままな コラム” all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。